なぜマッチングサイトやフリマサイト構築でOsclassやWordPress、EC-CUBEを使ってはいけないのか?

この記事は 2022.5.26 に最新記事として更新されています。

日々、平均50-60件以上のお問い合わせをいただいております。
できるだけその日にご返信しております。

中でも新規立ち上げの次に特に多いのが、過去開発からの実装再開案件や、CMSで作ったオリジナルサイトの修正です。
他社で開発を依頼していたが飛ばれたので、続きから見積もって欲しいというとんでもない案件もあります。

このCMSや過去開発には主に下記のCMSを使われている場合が多いです。

・Osclass
・WordPress
・EC-CUBE
・Magento(最近はめっきり少なくなりましたが…)
元々マジェントは国境越えECを目的として一時人気で案件単価が高かったですが次第に少数派になってしまいました…

Osclassについては、ほぼほぼソースコードの更新がされておらず、
ついにはOsclass Wizard(Market)も昨年9月で閉鎖となりました。
日本語ファイルを販売されている会社さんもおられましたが、
すべてがすべて日本語化担っているわけではなくこれは少し使い物になるには膨大な調整が必要になるので諦めました。
Magento(マジェント)についても同じことが言えます。

詳細は、下記URL先の記事で詳しく説明されているので一度ご覧ください。
https://qiita.com/hiroism/items/a7842e9458512fbc0c14

続いてWordPress(ワードプレス)ですが、マッチングサイトを作り易いのも確かです。
PHPで構成されており、プログラミングの知識がなくてもプラグインなどを入れればそこそこまでは形にできるかと思います。
しかし、整合性がとれないセキュリティホールや脆弱性、アップデートでの崩れからの微調整など
WordPressが動くたびに費用がかさむ可能性が大なのです。

これはアプリ運用でも同じく、アップルのアップデートに合わせてバグを随時アップデートしていかなければサービスとして成り立たないという点がアプリ化をする点でも覚悟をしなければならない点だと言えます。

EC-CUBEについては、一見いけそうにみえましたが、
ここからのカスタマイズでほぼほぼ作り替えをおこなわなければダメであるということがわかり
フルスクラッチした方が早いという決断に至りました。

そこで生まれたのがMallento(マレント)というわけです。

実際に、大手企業様や学校などの公的機関をはじめ
プラットフォームサイト構築の決定版としてシェアを拡大し続けております。
マレント誕生秘話はこちらからもご覧いただけます。

さらに、マレントでは構築がしやすいように、MySQLやPHPを使っての開発
そして、フレームワークはシェアが多いCakePHPを採用しております。
(MVC構造なので、エンジニアがそれぞれ干渉せずに作業を進行できます)
アンケートでは、こういった部分からMallentoを決定したとのご意見があり、嬉しい限りです。

開発版のご導入後は、マレント側に追加でご依頼していただくもよし、クラウドワークスなど外部のエンジニア様に実装してもらうもよしとライセンスにも幅を持たせて、サービス拡張を行いやすくできるように調整しております。

新規サービスの立ち上げは、フルスクラッチではなく、
基盤のできたマレントを使ってそこからサービスを大きくしていくことをお勧めさせていただきます!


まずは、お気軽にご相談ください!
ご導入のご相談につきましては下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

見積もり依頼 お問い合わせフォーム

Mallento 編集部

Mallento 編集部

CtoCマッチングサイトや動画配信、大規模サイト、大手企業などのサービス開発経験を大阪を拠点に、滋賀、東京で約40名体制で開発を行なっております。カスタマイズ経験豊富ですので他社の請負から難しい案件までご依頼お待ちしております。

こちらの記事もよく読まれています

TOP