コンテンツ記事作成で特定のURLのキャプチャ画像をサイズをそろえて爆速で切り出す方法

〇〇のオススメ〇選!などの記事をよく見かけますが、
これらの記事におすすめされている記事の引用サイトキャプチャ画像を爆速で切り出す方法をご紹介します。

意外とサイズをそろえてキャプチャする方法がない

そうなんです、意外とないんです。
あるのですが、Chromeでアドオンをいれたり設定をしたりなどややこしい!
WordPressでそのままさくっといけないものか…

このお悩みを今回解決していこうとおもいます。

引用サイトキャプチャ画像を爆速で切り出す方法

①Browser Screenshotsをインストールする

今回爆速で切り出す飛び道具が、『Browser Screenshots』です。
本当に使える、たしかにアナログなんですが、結局これにたどり着きました。

Browser Screenshots
https://ja.wordpress.org/plugins/browser-shots/

とりあえずWordpressへこのプラグインをインストールします。

②対象URLをチートコードへ反映する

今回下記のURLを対象とします。

対象URL
https://mallento.com

対象となるURLの部分にURLをいれます。

今回のURLですと次のようになります。

③プレビューで反映を確認し画像をダウンロード

無事下記のように反映されています↓

Screenshot of mallento.com

サイズは適宜変更してください。
おすすめは、width=”1200″ height=”630″ こちらの設定になります。

そして、画像URLから画像をダウンロードします。
だいたいs0.wp.comからはじまるURLになっているとおもいます。

https://s0.wp.com/mshots/v1/https%3A%2F%2Fmallento.com?w=1200&h=820

④画像を差し替える

プラグイン経由の画像をドラッグアンドドロップでローカルに保存して、再び WordPress側へアップし直します。
このときアップする前に、tinypng など使ってSEO対策として画像圧縮してもいいかもしれません。

注意点

一度プレビューをおすとクルクルマークになるので、その場合は再読み込み(リロード)する必要があります。
また、たまにサイトによってはJavaScriptの関係でうまくキャプチャできないときがあります。

まとめ

③〜④に関しては少し時間の慣れが必要ですが、慣れれば30秒ほどで処理できるようになります。
ほかにも方法は色々試したのですが、この方法が一番落ち着きました。
サイズを指定できその通りにキャプチャできる点がよいです。


まずは、お気軽にご相談ください!
ご導入のご相談につきましては下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

見積もり依頼 お問い合わせフォーム

Mallento 編集部

Mallento 編集部

CtoCマッチングサイトや動画配信、大規模サイト、大手企業などのサービス開発経験を大阪を拠点に、滋賀、東京で約40名体制で開発を行なっております。カスタマイズ経験豊富ですので他社の請負から難しい案件までご依頼お待ちしております。

新着ブログ 他の方が閲覧中の記事
  1. 事務局がユーザー登録の承認後、マイページを利用できる仕様を実装しました

  2. メンテナンス機能を実装しました

  3. Mallento RXへカスタマイズとして問い合わせ詳細機能を実装しました

  4. Mallento RXのカスタマイズとしてQA機能を実装しました

  5. コンテンツ記事作成で特定のURLのキャプチャ画像をサイズをそろえて爆速で切り出す方法

  6. Snowflakeの画像処理仕様をMallento RXヘ実装しました

  7. 環境省が推進するグリーンライフポイント導入をマレントCMSへ実装しました

  1. エックスサーバー様のメディアサイトでCtoCプラットフォームの構築のおすすめサービスとして特集されました!

  2. 【2023年版】予算60万円程から、CtoC型マッチングサイトを低コストで制作する方法(決済機能付き)

  3. Stripe Connect、PAY.JP Platform での出品者への自動支払いが可能になりました

  4. 【2023年版】CtoC型のダウンロード販売サイトを低コストで構築する方法

  5. CtoC型不動産専門マッチングサイトのプラットフォームとしてMallento RXをご導入いただきました

  6. 出品ユーザーへの換金申請も含めて全自動化を行いたいのですが可能ですか?

  7. 採決担当者が欲しがるマレントの隠れた秀逸機能、マレントを採用する決め手となったアノ機能とは?

CtoCサービス開発コラム

  1. CtoC型不動産専門マッチングサイトのプラットフォームとしてMallento RXをご導入いただきました

  2. 【その2】マレントを使ってnoteのようなエディター付きテキスト商材や有料ブログ記事販売サイトを60万円以内で構築する方法

  3. 占い師&心理士オンラインサロンプラットフォームとしてMallento RXをご導入いただきました

  4. ハピタスコミック様にマレントCMSをご導入いただきました

  5. EC-CUBEのダウンロード販売機能に購入後ダウンロードメッセージを表示させる方法

  6. 動画配信サイト構築CMSのStmingo(ストミンゴ)に、見放題コース設定機能を実装しました

  7. メンテナンス機能を実装しました

TOP