【ITベンダー会社編】1本120万円、独自フリマサイト開発後のリパッケージ展開での収益化事例

制作について

マレントが人気な理由として一つに次のようなサービスがあります。
マレントへのご依頼された方向けに、リパッケージ展開というサービスがございます。

リパッケージ展開
https://mallento.com/develop_repackage/

このサービスでは既にパッケージ化しているサービスに合わせて規定工数以上カスタマイズを追加で行った場合
独自のシステムとして新しいシステムとしてパッケージ化して販売ができるというものです。
あまり積極的に取り上げておりませんが、完成後に収益見込みが立ちそうな場合は個別にてご案内しております。

事例とともに収益のイメージを下記のように共有させていただきます。

G社パッケージ開発を依頼された事例

● ITベンダーG社よりフリモをベースとした独自オリジナルシステム開発として 概算360万円で制作
        ↓
● その後、プロトタイプ化をマレントで行いFパッケージとしてリリース
パッケージング、資料・特設サイト制作(特設サイトは別途要お見積もり)をマレントで行う
        ↓
● スプリット販売条件を双方で協議、確定後締結
        ↓
● パッケージとして240万円での発売(実際にはスプリット50%を行うので120/120万円となります)
        ↓
● プレスリリース(無料)や顧客商談時に資料ご提示
        ↓
● 発売開始、パッケージ販売成約後は都度収支報告を行う

G社パッケージ開発の収支事例

1. システム開発費用としての -360万円

2. 年間販売本数 8本(月1本売れるか売れないか)/2020年実績
240万円 x 8本 = 1920万円

3. ここからマレントとのスプリット契約で50/50で割り、960万円

4. 1の開発費用を3の利益から引き 960 – 360万円 = 600万円

最終結果としては 600万円 になります。
もし、構築したサイト運用がうまくいかなかった場合としても別チャネルでの収益化が図れます。

完成サイト + リパッケージ販売本数 + M&A売却

これらの収益が期待できます。

最大のメリットはシステムの資産価値

日々問い合わせフォームより様々な案件がくる中で、最初からフルスクラッチする案件はほとんど存在しません。
案件ごとに近しいベースとなるシステムを用意し、そこからカスタマイズ工数を削減してコストを抑えていきます。

これは、ベンダー側にとっても新規参入される場合コストを削減しつつ工期も早めることができるので双方にとってメリットがあります。
そして、最大のメリットとしては完成サイトのM&Aができる点と、パッケージングを行い再販からの収益が期待できる点です。

システム開発会社であり、お客様の収益化を第一に
作るだけで終わってはならない、そういった先を見据えた戦略的ご提案ができるのがマレントの強みです。

ぜひ、総合的にシステム完成後の収益化をご検討の場合もあわせて お問い合わせ ください。
様々なシステム構築からアプリ制作まで対応可能です。

業務用システム構築一覧


導入ご相談につきましては下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。 お申し込みはオーナーズストア、または下記のフォームよりお申し込みいただけます。

お問い合わせ/ 相談する お申し込みフォームへ

今すぐデモサイトを確認する
今すぐデモサイトを確認する

関連記事一覧

カテゴリ一覧