動画配信プラットフォーム比較で隠れたおすすめ格安な動画配信システム『Stmingo(ストミンゴ)』の魅力!

この記事は 2022.5.22 に最新記事として更新されています。

動画配信プラットフォームでよく比較される会社の中で、
一番現実的で実用的な動画配信システム『Stmingo(ストミンゴ)』の魅力について掘り起こしていきます。

まずは…

他社システムの紹介と予算間について

millvi(ミルビィ)ポータル – 株式会社エビリー
Video Marketing Suite(ブライトコーブ)
3eLive – 木村情報技術株式会社
viaPlatz(ビアプラッツ)- NTTテクノクロス株式会社
クラストリーム – 株式会社アイ・ピー・エル
ひかりクラウド スマートビデオ(NTT東日本)
ビジュアモール ムービーライブラリ
necfru Media Cloud(ネクフル メディアクラウド)
C-stream(シーストリーム)
ULIZA(ウリザ)
J-Stream Equipmedia
P-stream(ペタ・ストリーム)
さくらインターネットコンテンツ配信サービス
PanelDirector for Cloudサービスパッケージ

このように、たくさんの動画配信システムがすでに存在しています。
これらの予算感は月額プランが多く、カスタマイズをするにも

これらのサービスのメリットは、月額なので初期導入費用は安いという点です。
デメリットはカスタマイズやデザイン変更などを自社で行えない場合が多く、その都度プラットフォーム提供者にお願いしなければなりません。
この場合、初期費用は安いものの、カスタマイズやデザインが自社でさわれないため高額な費用が別途でかかる可能性があります。
また、自社の持ち物ではないため、あくまでそのプラットフォームを借りるのみとなるので、オンプレミス、つまり自社で完結が一生できません。
(買取でできるところもありますが、なんと300万円〜など高額な場合が多いです)

平均的な他社導入費用間は、150〜200万円程となりました。(弊社2020年調べ)

では、これらのシステムと違って格安動画配信システムが構築できる『Stmingo(ストミンゴ)』はどうなのか?

Stmingoのメリット①:価格と拡張性、コスパの良さ

月額プランと買取パッケージ版の2つがあります。
買取パッケージはなんと、約50万円で導入できるのが最大のメリットで、
なんといっても自社でカスタマイズできるようにコードは全てオープンで開示されているところです。
カスタマイズもしやすくPHPで構成されており、中身はEC-CUBEと似た構造になっています。
ですので、ECサイトなど少し触ったことのある方や、webデザイナーなどhtmlやCSSなどを弄れる人もデザインが簡単に変更できます。

Stmingoのメリット②:ランニングコストの安さ

運用のランニングコストがとてつもなく安いです。
エックスサーバー内ですべて完結するように作られているので
ランニングコストは月額1,000円程と破格的な安さです。

エックスサーバーは共用サーバーであるものの、動画配信なども問題なく視聴ができます。
また、CloudflareやAkamaiの提供するCDNも導入すれば、その分同時接続数の増加も見込むことができます。

Stmingoのメリット③:納品が早い

すでにパッケージとしてあるので、導入までの期間がすごく早いです。
最短で3日〜という驚異のはやさは、すぐに動画配信サイトを始めたい方におすすめさせていただきます。

Stmingoのメリット④:デモサイトですでに完成されている

『Stmingo(ストミンゴ)』のデモサイトは下記のとおりです。

Stmingo動画配信デモサイト
http://stmingo-demo.mallento.com

このようなデザインで、あとはロゴやほかページを少し入れ替えるだけで
すぐに本格的な動画配信サービスをローンチさせることができます。


まずは、お気軽にご相談ください!
ご導入のご相談につきましては下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

見積もり依頼 お問い合わせフォーム

Mallento 編集部

Mallento 編集部

CtoCマッチングサイトや動画配信、大規模サイト、大手企業などのサービス開発経験を大阪を拠点に、滋賀、東京で約40名体制で開発を行なっております。カスタマイズ経験豊富ですので他社の請負から難しい案件までご依頼お待ちしております。

こちらの記事もよく読まれています

TOP