本気で成功率を上げるためにシステム発注依頼をかける前に読んでおきたい7つの事項

制作について

独断と偏見ですが、マレントで過去の着手事例から成功しているケースを参考にピックアップしてみました。
結論からいいますと、資金があれば読まなくても解決するものばかりです。
しかし、予算や納期などがある担当者様がほとんどと思いますので、書いてて辛い部分もありましたが書かせていただきました。

コスト面でもローンチ後の面でも成功率があげられる可能性が高くなると思います。
参考になれば幸いです。

1. 予算にあったパッケージまたは工数か

予算に工数を合わせることが多いと思います(ほとんどの案件がそのようであるとおもいます)
逆に予算が潤沢にあったとしても第一フェーズでこんなにてんこ盛りにするのはやめたほうがいいと私はいつも思っていますし、やめた方がいいと本当にアドバイスします。
その事業が当たるかどうか本当にウェブサービスの存続は厳しいもので、存続できるどうか、皆に使ってもらえるかが成功にかかっています。
長期的なロードマップをひいてみるとミニマムからの開始が望ましいです。

2. アプリ化は後回し

実際に、アプリ化+ウェブ版を一気にやってしまうケースは少なくその成功事例もまた多くありません。
そのケースとしてアプリ化は、iOSなどのアップデートに左右されるのでエンジニアが常にいる環境であれば問題ないですが、なにせコストがかかるものだと思っておいた方が良いです。
また、どうしてもアプリから入らないといけない特殊な事業も存在するので、アプリでしかできない事業であればアプリから入ります。
この場合もウェブ版は作らず、公式サイトにアップルストアのアプリURLをリンクさせるだけで表示しているアプリサービスも多いです。

なので、重要なのはアプリ化する意味を考えることです。
アプリ化を絶対しなければならないのか、どうか、これにつきます。
そのサービスがアプリでしかできないことであればアプリ化から始めることと思います。

3. 最低限の仕様書はあるか

簡単なものでもいいですが、せめてエクセルかなにかで概略でも提示しましょう。
たまに(頻繁に)お電話からこういったサービスはできますか?というお問い合わせに、「はい、できます」と返答することも多いですが、結局のところ具体的に話を進めたいとなったとき、有効なのは資料があるほうがベターになります。
一旦どういう機能があるかおしえてください、それからでないとシステム開発会社は具体的な話にすすめることができません。
あとでできると言った言わないなどのトラブルにならないようにテキストで残しておくことをおすすめします。

双方に言えますが、ウェブ会議や電話などでダラダラダラダラ話をきいてきかされるより、自分で色々一生懸命に書いて提示する方が早くプロジェクトが進行できます。
なかにはウェブ会議が鬱陶しいので受け付けていない会社もあります。
百聞は一見に如かずというように、ビジュアルで見えるものからシステム開発会社に入ってもらう方がベターではあります。

4. サービスを立ち上げる目的はなにか

システム開発会社に依頼して制作するとサグラダファミリアを作り上げようとする人が少なからず存在します。
当初決めていた仕様から逸脱した仕様を突きつけて、「こうだとおもっていた」という紋章のようなことを突きつけて無償でやらせようとする輩がいます。
目に見えないデジタルなものなので、ウェブ関係についていない職の方からすると仕方ないのかもしれませんが、マンパワーを使っている以上人月工数がかかっていることをお忘れなく。

こうした仕様外をお見積もりをして入金後に実装するのですが、黒字化もしていないうちからあれよあれよとカスタマイズをたくさんいれて…
システム開発会社からすると良いお客さんではあるのですが、つくって、それが嬉しくてまた依頼してという流れに感動してしまうクライアント様もおられます。
(このケースは大抵、過去に依頼した制作会社が全然ダメで、自分の思うサービスを作ってくれなかった、もしくは納品までに至らなかったケースに多いです)

もうここまでくると先生と患者の域なのですが、初心に戻ってなぜこのサービスをやりたかったのかを考える時間が必要です。
サービスが売れても売れなくてもいいから自己満足でやってみたかっただけ、新規事業として新たな会社の柱事業に育てるため、バイアウト目的、そのほか様々です。
それによってシステムの造りや難易度は異なってくるので、初めからどういう目的なのかをキチンと伝える必要があると思います。

5. そのシステムはどれくらいの規模なのか

贅をつくしたサービスをローンチさせても利用者が少なければ閑古鳥がなくテーマパークと一緒です(かつて経営がやばそうなテーマパークがありましたが…)
今はかの有名なV字復活したテーマパークと一緒で、利用者が増えればその分新しいアトラクションなども増やせるわけであって、顧客とのサービスを通しての意思疎通ができていると思われます。

しかし、なかには全然これを理解していない、してくれないクライアントもおられます。
初めてやるが、とりあえず数万人同時接続でやった場合のお見積もりをくれと平気でいってくる輩がいます。
まず、なにもつてもないサービスで数万人の集める力は凄まじい集客力がなければ成立しないと思われます。
またその分のコストもすごい数字になります。

会社規模の体裁でAWSでなければならないなど上場企業やセキュリティ基準が厳しい会社であれば、AWSで提案します。
しかし、そこまでのサービスではなければエックスサーバーで構築したとしても、エックスサーバーでのセキュリティが甘いかと言われるとそうではありません。
レンサバ会社は特にセキュリティ基準も高く脆弱性診断も定期的にされている印象を受けます。

マレント製品ではコスト設計に非常に力をいれているので
エックスサーバーを使って運用をいかにできるかという点から組み上げてパッケージをアップデートしています。

6. 〜みたいなサイトという表現になっていないか

これもよくあるあるですが、〜みたいなサイト作った場合のお見積もりはどうなりますか?と平気で問い合わせてくるクライアントが多数います。
この場合、もう返信するのも難しいのでお見積もりしない、もしくは超概算として3桁か、4桁などぼかすしかないときがあります。
要は、あいまいな質問にはあいまいな返答しか返ってきません。

システム開発会社は、この「〜みたいな」「…etc」を非常に嫌います。
なぜでしょうか?

仕様が隠れているからです。
業界ではこれを「ふわっとしている」などと表現することが多いです。
トンネルを抜けるとそこはワンダーランドでしたということになりかねないわけですね。
そんなふわっとした仕様にちゃんとしたお見積もりといっても隠れている部分がある可能性があるものに対してお見積もりが難しくなるのは当然です。

塾の先生と生徒であれば、この問題がわからん!と放り出されても証明問題であれば一から解説するのはかなり骨が折れます。
この部分まではわかったんだけど、ここからが解き方がわからないんですよね、という聞き方をすれば、そこから教えてあげようという気になります。
後者は割とスムーズにいく印象がありますが、前者は解ろうとする姿勢すら怪しいです。

世の中にはこういうクライアントに金で顔を叩かれて全部お膳立てする会社も存在します。(毒親体質な会社ですね)
3の仕様書につながりますが、結局何がしたいのという「なかみ」を考えるのはクライアント自身であり、システム屋はそのウェブサービスを100%成功させる必殺請負人ではないのです。

7. 予算をあらかじめ伝える

これは担当者により別れる部分です。
ある人は、とりあえず相見積もりをとってまず一番上と下をきって真ん中の数社で決めるなどという古臭い手法でやる担当者もいます。

一応念のために見積もりを取りにきましたではなく、これだけの予算があってこれがやりたい(資料を出す)どうしたらいいですか?
こういう尋ね方のほうがスムーズに進む傾向にあります。

最初に金額を言うとボラれるのではないか、吹っ掛けられるのではないかと思われるでしょうが、マレントの場合すでに規定で過去の工数で管理しているのでどのお客様が問い合わせてもほとんど同じ金額になります。
下請けで長年使っていただいている実績の理由の一つとしてこの部分にもあります。

結論

クライアントとシステム開発会社は漫画家と出版社の関係によく似ています。
お互いがすり寄って一つの漫画を完成させるので、この間にこじれたり関係性が悪くなるようであれば大変です。
場合によっては売れなかったら打ち切りになるケースもしばしばですよね。

システム開発もこれによく似ておりお互いが熱を持ってプロジェクトを完結させますが、長期化するとダレますし、いざこざがあれば担当者によってはプロジェクトに愛着がなくなり失敗する場合もあります。
どちらか一方が無関心、あとは開発会社がなんとかやってくれるでしょという放置プレーでは失敗するリスクが大きいです。

あの情報をだしてくれますか?
– はい、これです。

ここはこうですか?
– いいえ、こうこうこういった仕様です。

このようなやりとりの積み重ねで100%を目指していきます。
正直システム開発会社は最初に問い合わせてくる担当者のスキルも見積もりに入れていると思っておいた方がいいです。
スムーズにいけるようであれば当然お見積もりにダイレクトに反映させることもあるでしょう。

また、バグなしや完璧というシステムは存在しません。
人間がつくる以上完璧というものは存在せず、そのシステムのままでいいということもありえません。
つねにアップデートを行い、サービスを生き物として捉えるべきです。
長期化するシステム開発プロジェクトにおいては、クライアント側がああすればよかったなどが溜まりやすいので、工数追加や仕様変更が多々ありえます。
この部分を見込んでバッファをもった資金調達や予算取りをすることが大切です。
なんとかギリギリで予算確保したけどまだかかるかもしれない、どうしたらいい!ということになるのを想像できるのであればそのプロジェクトはやめた方がいい時もあります。

クライアントとシステム開発会社(スキルがあることが前提)、それぞれが熱を持って短期的に仕上げることで成功する確率は高くなると思われます。
ウェブサービスはホームページデザイン制作会社とは全く異なります。
ホームページの制作はもうすでに大抵の項目は「会社概要」「ビジョン」だったりとある程度決まっています。
しかし、ウェブサービスはほぼ唯一無二のサービスをつくらなければコアコンピタンスが確率できないので、なんらかの独自性を持たせたサービスが多いです。
あなたのサービスを使いたい理由ですね。

このようにウェブサービスを生み出すというのはとても大変なことであると認識いただければ幸いです。

とめどなく書いてしまいましたが、参考になれば幸いです。


導入ご相談につきましては下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。 お申し込みはオーナーズストア、または下記のフォームよりお申し込みいただけます。

お問い合わせ/ 相談する お申し込みフォームへ

初期費用・設置費用0円キャンペーン

今月末までのパッケージプランご成約に限り初期費用・設置費用0円とさせていただきます。
キャンペーン期間:2018年4月30日お申し込み分まで

プランを比較する

関連記事一覧

カテゴリ一覧