【2022年版】建設業界のマッチングサービスおすすめ5選!制作会社のプロが徹底比較

この記事は 2022.8.21 に最新記事として更新されています。

建設業界におけるマッチングサービスも最近人気になってきている分野の一つになります。

今回は、建設業界向けマッチングサービスのおすすめを同様のWebサービスシステム開発を実際に行なっているマレントが紹介します。
ぜひご参考ください。

建設業マッチングサービスとは

建設業界におけるマッチングサービスは、建築関係の発注者・受注者がオンライン上でつながれるシステムです。
中間業者を挟まないので、あらゆる全国の業者とフェアなやりとりができる点が良いところです。

建設業マッチングサービスの仕組み

また、Webサイト上でメッセージや契約内容も確認できるため事務作業も簡略化しやすく、効率と利便性を兼ね備えれるとして導入が進んでいる背景があります。

①建築人材マッチング系

人材を一時的にリソースとしてほしい場合、人材登録させ派遣のような形でリソースを確保します。

②建築資材フリママッチング系

ほしい資材や余っている資材を登録し、中間業者を挟まずに相場より安価でやりとりができるサービスです。

③建築土地・不動産マッチング系

デベロップ開発の土地売買やそのほか不動産売買などのマッチングが可能です。

こちらの記事もよく見られています

上記のようなシステムをパッケージ+カスタマイズで自由自在に組み合わせてより安価でスピード納品ができるサービスが弊社のメイン主戦力となっている「Mallento RX」です。
弊社でもこのようなマッチングサービスをプラットフォーム化してをBtoCやCtoCの形で建築マッチングサービスや建築フリマサイトを運営できます。
この仕組みでマレント社製のマレントRXでの構築で行うことができ、ベースパッケージ+軽微なカスタマイズで約100万円前後〜での導入が可能です。

建設業界がマッチングサービスを利用するメリット

まずは、建設業界がマッチングサービスを利用するメリットを解説します。
従来は宣伝・広告・HP・口コミの拡散による「呼び込み型集客」が一般的とされていましたが、マッチングサービスに隠されたビジネスチャンスをみながら役立てていきましょう。

①新たな顧客を獲得できる

マッチングサービスを効果的に活用することで、新たな顧客の獲得につながるケースがあります。

エリア・事業を拡大する場合、これまでは莫大な広告宣伝費を投入する必要がありました。
多くの人の目に触れやすい手法である一方、「建設業界以外の人」「一切ニーズを持っていない人」にも宣伝することになるため、コストパフォーマンスは低めになるでしょう。
一方、マッチングサービスであれば発注者と受注者がニーズに基づき結びつくため、上記のようなロスを予防できます。
無理な広告宣伝戦略がなくとも顧客の獲得につながり、収益性も向上するでしょう。

リピーターではなく新規の顧客を求めているときにこそ、活用するメリットがありそうです。

②営業マンの負担を軽減できる

マッチングサービスは入力内容に基づき自動でマッチング作業を実行するため、営業マンの負担を軽減できます。
繰り返し何度も足を運んで説明・アプローチしたり、顧客リストを作成ししらみつぶしに営業する手間が生じません。
営業マンの残業・休日出勤を予防する意味でも、DX化をかねて働き方改革に着手する意味でも、効果的でしょう。

また、営業マンを縮小して将来的な人件費削減を図ることも可能です。
職人や設備など建設業界として欠かせない部分に投資したいときにも、マッチングサービスの導入を検討してみましょう。

③人手不足を解消できる

建設業界向けマッチングサービスの多くは「発注者」と「受注者」をつなげるスタイルですが、一部「建設会社」と「職人」をマッチングするサービスも生まれています。
「慢性的な職人不足で悩んでいる」というシーンで使えば、効果的な採用活動ができるかもしれません。
若手人材などITを使うことに抵抗のない職人にとってもメリットが高く、ミスマッチなく入社することが可能です。

また、「普段とは離れた場所での施工なのでスポット稼働できる職人を探したい」など短期的なニーズに対応できるマッチングサービスも存在します。
雇用リスクを負うことなく職人を確保したいときにも、活用してみましょう。

建設業界向けおすすめのマッチングサービス5選

下記では、建設業界向けにおすすめのマッチングサービスを紹介します。
さまざまなタイプがあることを理解し、自社のニーズに合ったシステムを活用していきましょう。

CAREECON(キャリコン)


画像:CAREECON(キャリコン)公式サイト

CAREECON(キャリコン)は、BRANU株式会社が提供するマッチングサービスです。
特定のエリアに限定せず全国から元請会社・下請会社をピックアップしていることが特徴で、初期費用・月額費用がかかりません
可能な限りコストを削減しつつマッチングサービスを活用したいときは、一度チェックしてみるとよいでしょう。

案件のソート機能が強固であり、「土木・建築・大工・左官・板金・塗装・内装・電気・配管・外装・外壁・空調・給排水・解体・足場」など細かな条件で検索できます。
選択肢を絞り込んで交渉を簡略化したいときは、特におすすめです。
挨拶・見積・契約などそれぞれのフェーズに応じた定型文も用意されているため、テキストコミュニケーションが苦手でも利用しやすいこともポイントです。

弊社でもこのようなマッチングサービスをプラットフォーム化してをBtoCやCtoCの形で建築マッチングサービスや建築フリマサイトを運営できます。
この仕組みはマレント社製のマレントRXでの構築で行うことができ、ベースパッケージと軽微なカスタマイズで約100万円前後〜での導入が可能です。

KIZUNA(キズナ)

画像:KIZUNA(キズナ)公式サイト

KIZUNA(キズナ)は、株式会社デジタル・コミュニケーションズが提供するマッチングサービスです。
全国47都道府県に対応していること、仕事を検索したい側・事業者を検索したい側とでページが分かれていて見やすいことが特徴です。

また、ただ案件をマッチングするだけでなく「建設業のつながりをつくる」ことを目的としたサービスとして注目されるようになりました。
現在でも運営会社が主催する建設業界次世代型交流会「KIZUNA」が定期開催されており、職人・工事会社など新たなビジネスパートナーの出会いの場として活用されています。
ここでしか得られない情報交換やナレッジ共有ができる可能性もあり、参加して損はないでしょう。

オンライン上だけでなくオフラインでのコミュニケーションを重視していることがわかる、珍しいタイプのマッチングサービスです。

案件タンク

画像:案件タンク公式サイト

案件タンクは、株式会社建設みらい総研が提供するマッチングサービスです。
公共事業専門のマッチングサービスであり、元請企業と協力会社をつなぐマッチングができます。
登録する会社が建設業許可を取得しているか審査されるため即日の利用ができませんが、その分信頼性が高いサービスとして活用されており、質の高い取引が可能です。

無料会員・有料会員どちらであっても、成約手数料はかかりません。
大規模工事のマッチングで「金額に応じたマージンが取られそう」と心配しているときでも、利用しやすいでしょう。
受注前の案件でも掲載できるため先を見据えたタイムラグのない交渉ができるなど、利便性も高めです。

ローカルワークスサーチ

画像:ローカルワークスサーチ公式サイト

ローカルワークスサーチは、株式会社ローカルワークスが提供するマッチングサービスです。
建設事業者と元請業者・協力会社のマッチングができる点は他のサービスと同様ですが、特に中小事業者に強いことが特徴です。
AIや自動システムによるマッチングではなく人を介したマッチングをしており、検索機能上では設定できない細かな要望・ニーズにも対応できます。
マッチング前の事前ヒアリングも丁寧なため、「こんなことも相談できるのかな?」と思う必要がありません。
「マッチングサービスは使いたいけれどクオリティな心配」というときにこそ、おすすめしたいサービスです。

また、利用に際して費用はかかりません
コストをかけずにマッチングサービスを使ってみたいときは、一度相談してみるとよいでしょう。

建築建設biz

画像:建築建設biz公式サイト

建築建設bizは、株式会社RISEが提供するマッチングサービスです。
外注・請負のマッチングもしていますが、特に建設業界における求人のマッチングに強いサイトです。

地域・業種で検索できることはもちろん、正社員・契約社員・業務委託(フリーランス)・アルバイトなど雇用形態別の検索にも対応しているため、さまざまなライフプランを持つ人でも活用しやすいでしょう。
また、「残業月20時間以内」「完全週休2日制」などワークライフバランスを重視した検索や、「家賃補助(住宅手当)あり」「日払い・週払い可能」など福利厚生を重視した検索も可能です。
どんな企業の案件を請け負いたいかで選びたいときにこそ、おすすめです。

建築業界マッチングサイトを構築する方法

上記のような建築業界マッチングサイトを構築する方法を紹介します。

上記で紹介したような建築業界マッチングサイトを制作する場合は、主に下記のような方法から制作を進めていくことが大半です。
それぞれに適したやり方を模索する必要があります。

①パッケージから構築する

まずは、パッケージから構築する方法です。
パッケージ開発とは、すでに出来上がっている機能を使って構築します。
あらかじめ機能ができているため、短期間かつ安価で構築可能です。
そのため、いますぐに建築業界マッチングサイトを構築したい人はパッケージ構築を選択しましょう。

弊社でもこのようなマッチングサービスをプラットフォーム化してをBtoCやCtoCの形で建築マッチングサービスや建築フリマサイトを運営できます。
この仕組みはマレント社製のマレントRXでの構築で行うことができ、ベースパッケージと軽微なカスタマイズで約100万円前後〜での導入が可能です。

②WordPressから構築する

建築業界マッチングサイトは、WordPressを利用しても構築が可能です。
ただし、本来の使用方法と異なるためプラグインを利用して構築します。
メリットとしては、管理画面が見やすくページの管理がしやすいことです。
WordPress自体は無料のオープンソースですので、
一方、デメリットとしては構築までに複雑な設定が必要なため費用と時間がかかります
またセキュリティ面でもややWordPressでは、脆弱性がみられるのでこの部分の対策費用として制作会社に依頼した場合もコストがかかることがデメリットです。

③フルスクラッチする

フルスクラッチ開発では、要望に応じて1から開発していきます。
フルオーダーメイドになるのでご要望に沿った自由な設計と構築が可能と思われます。
全てをフルオーダーで開発するので、同じマッチングサイトだとしても独自の機能を持たせて差別化ができたり、会社の運用体制に併せて管理機能も構築可能です。
ただし、フルスクラッチでの構築は多額の費用と時間がかかるため、選ぶ開発会社によっては1000万円を超えてしまうこともあるので注意しましょう。

おすすめの制作方法

おすすめは「①パッケージから構築する」+カスタマイズ入れることで納期とコストを短縮・削減することが良いかと思います。
パッケージの選定である程度の要件フィットしている部分の工数が削減できます。それと同時に納期も短縮できます。
あとは、パッケージについていない部分の仕様や機能を追加していくことで、ご希望のマッチングシステムへ近づけることができる唯一の方法です。
セミオーダー式とも言いますが、確実な方法なのでおすすめです。

建築業界マッチングサイトの構築ができる制作会社

株式会社マレント

Screenshot of mallento.com

株式会社マレントは、フリマサイトの構築を専門にした制作会社です。

月額決済費用が無料で、高品質で多機能なマッチングサイトの納品が可能です。
実際、導入企業420社以上、実績数650件を突破しているので依頼実績等は申し分なく安心です。
また、「システム開発会社が選ぶ、実績があるパッケージシステム」「セキュリティが強いパッケージシステム」「導入アフターフォロー満足度」の3部門でNo.1です。
売るための機能が充実していて、かゆいところに手が届いた機能が豊富に揃っています。

まとめ

建設業界には、さまざまなマッチングサービスが存在します。
効率よく活用できれば、「手間なし・コストなし・トラブルなし」のマッチングができる可能性も高く、多くのメリットがあるでしょう。
人手不足の解消や効率化のきっかけになるかもしれない存在であるため、気になるサービスがあれば利用してみることをおすすめします。


まずは、お気軽にご相談ください!
ご導入のご相談につきましては下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

見積もり依頼 お問い合わせフォーム

Mallento 編集部

Mallento 編集部

CtoCマッチングサイトや動画配信、大規模サイト、大手企業などのサービス開発経験を大阪を拠点に、滋賀、東京で約40名体制で開発を行なっております。カスタマイズ経験豊富ですので他社の請負から難しい案件までご依頼お待ちしております。

こちらの記事もよく読まれています

TOP