【2024年版】業界別!マッチングサイト全一覧:サービスタイプ・構築方法・費用を徹底解析

今すぐ、サイト構築についてご相談したい方は下記をクリック /

この記事は 2023.12.30 に最新記事として更新されています。

マッチングサイトとは?

今現在では、シェアリングエコノミーを含むマッチングサイトは数多く輩出されてきましたが、その規模はおよそ2兆6158億円という規模を記録しました。
また、今年ではこの規模が15兆円までに拡大予測されその市場規模もかなり規模となると予測されます。


(シェアリングエコノミー協会より引用)

マッチングサイトとは、ユーザーとユーザーや、モノやサービスの売りたい・買いたいという売買意思を繋ぐウェブサービスのことです。
専門分野に特化したスキルを必要としている人と繋ぐスキルシェアサイトや、
不動産物件などをマッチングする不動産マッチング、民泊などの宿泊施設とマッチングする民泊マッチングなど様々なサイトがあります。
他にも下記のような様々な種類のサービスが存在します。


(シェアリングエコノミー協会より引用)

上記のようにさまざまなマッチングがありますがまとめると、主にマレントでは、7つのタイプに分けれると考えています。

デジタルコンテンツ系
・データダウンロード販売サイト
・動画販売配信サイト
・写真素材・イラスト素材ダウンロード販売サイト

スキルシェア・クラウドソーシング系
・スキルシェアサイト
・クラウドソーシングサイト

物販・フリマ系
・フリマサイト
・モール型サイト

求人・人材マッチング系
・人材マッチングサイト
・講師マッチングサイト
・職人マッチングサイト
・容師マッチングサイト

シェアリング・レンタル系
・レンタルスペースマッチングサイト
・セミナー会議室マッチングサイト
・サロンマッチングサイト

ビジネスマッチングサイト系
・M&Aマッチングサイト
・オンラインサロンプラットフォーム
・BtoBマッチングサイト
・CtoC型有料記事販売サイト(note等)

イベントマッチングサイト系
・イベントマッチングサイト
・チケット売買マッチングサイト

ライブ配信系
・投げ銭機能付きライブ配信サイト

婚活系
・婚活マッチングサイト

このなかで、
特にシェアリング・レンタルサイトとビジネスマッチングサイトの構築は現在人気であり
マレント社製のシステムパッケージを使い大幅なコストと納期を短縮することができます。

スキルシェアは最近では比較的落ち着いてきた印象がありますが
こちらも検討されている企業様は多いビジネス圏とおもわれます。
今後マッチングサイトの企画として、類似サイトが5件以内のジャンルや業界、もしくはオリジナリティのあるサービスなどであれば参入する価値がよりありそうです。

各業界別のマッチングサイト構築の開発費用(目安)

各業界別のマッチングサイト構築にかかる開発費用は、業界の特性やサービス提供会社の方針によって機能が異なります。
ここでは、いくつかの主要な業界別にマッチングサイト開発の費用目安を紹介いたします。

これらの目安はあくまで参考であり、実際の開発費用はプロジェクトの規模や要件によって変動することがあります。

<各業界別マッチングサイト構築費用の目安表>

ジャンル マッチングサイト例 開発費用目安(万円)
ペット関連 ペットマッチングサービス、ペットシッター、ペットホテル、ペットトレーニング 100〜300万円
教育・学習関連 オンライン学習サービス、家庭教師マッチング、語学交換サービス、資格試験マッチング 150〜350万円
イベント・趣味関連 イベントマッチングサービス、ジムトレーナー、趣味仲間マッチング、ゲーム仲間マッチング 100〜250万円
ライフスタイル関連 家事代行マッチングサービス、ベビーシッター、家具マッチング、ウェディングマッチング 150〜400万円
仕事・キャリア関連 バイトマッチングサービス、人材マッチング、フリーランスマッチング、ビジネスパートナーマッチング 200〜500万円
クリエイティブ関連 アーティストマッチングサービス、デザインマッチング、ブロガーマッチング、イラストレーターマッチング 150〜300万円
ウェルネス・美容関連 フィットネストレーナーマッチング、マッサージマッチング、美容師マッチング、エステティシャンマッチング 100〜250万円
コンサルタント・専門家関連 カウンセリングマッチングサービス、コンサルタントマッチング、メンター・メンティーマッチング 150〜400万円
旅行・観光関連 旅行プランナーマッチングサービス、家族旅行マッチング、地域コミュニティマッチング 100〜300万円
その他のマッチングサービス グルメマッチングサービス、個人投資家マッチング、不動産マッチング、スタートアップマッチング、ファッションスタイリ 100〜300万円

各業界別のマッチングサイト構築の主な機能一覧

各業界別のマッチングサイト構築では、その業界の特性やニーズに応じた主な開発仕様が必要となります。ここでは、いくつかの代表的な業界におけるマッチングサイト開発の主要な仕様を紹介いたします。これらの仕様は、各業界の特徴やユーザーの要望に基づいて選定され、柔軟にカスタマイズされることがあります。

ジャンル マッチングサイト例 開発コストに関わる仕様
ペット関連 ペットマッチングサービス、ペットシッター、ペットホテル、ペットトレーニング 1. ペットプロフィール作成機能の開発
2. 予約・キャンセル機能の開発
3. レビュー・評価機能の開発
4. チャット機能の開発
教育・学習関連 オンライン学習サービス、家庭教師マッチング、語学交換サービス、資格試験マッチング 1. コンテンツ提供機能の開発
2. 講師・生徒プロフィール作成機能の開発
3. マッチング機能の開発
4. ビデオ通話機能の開発
イベント・趣味関連 イベントマッチングサービス、スポーツパートナー、趣味仲間マッチング、ゲーム仲間マッチング 1. イベント情報投稿機能の開発
2. 参加者募集機能の開発
3. グループ機能の開発
4. チャット機能の開発
ライフスタイル関連 家事代行マッチングサービス、ベビーシッター、家具マッチング、ウェディングマッチング 1. サービス提供者・利用者プロフィール作成機能の開発
2. 予約・キャンセル機能の開発
3. 支払い機能の開発
4. レビュー機能の開発
仕事・キャリア関連 バイトマッチングサービス、人材マッチング、フリーランスマッチング、ビジネスパートナーマッチング 1. 求人情報提供機能の開発
2. スキル・経験プロフィール作成機能の開発
3. マッチング機能の開発
4. コミュニケーション機能の開発
クリエイティブ関連 アーティストマッチングサービス、デザインマッチング、ブロガーマッチング、イラストレーターマッチング 1. プロジェクト投稿機能の開発
2. クリエイタープロフィール・ポートフォリオ作成機能の開発
3. マッチング機能の開発
4. チャット・コラボレーション機能の開発
ウェルネス・美容関連 フィットネストレーナーマッチング、マッサージマッチング、美容師マッチング、エステティシャンマッチング 1. サービス提供者プロフィール作成機能の開発
2. 予約・キャンセル機能の開発
3. 支払い機能の開発
4. レビュー・評価機能の開発
コンサルタント・専門家関連 カウンセリングマッチングサービス、コンサルタントマッチング、メンター・メンティーマッチング 1. 専門家プロフィール作成機能の開発
2. マッチング機能の開発
3. カウンセリング・コンサルティング予約機能の開発
4. ビデオ通話・チャット機能の開発
旅行・観光関連 旅行プランナーマッチング、観光ガイドマッチング、ホームステイマッチング、民泊マッチング 1. プランナー・ガイドプロフィール作成機能の開発
2. 旅行プラン投稿機能の開発
3. マッチング機能の開発
4. 予約・キャンセル機能の開発
5. 支払い機能の開発
6. レビュー・評価機能の開発
7. チャット機能の開発

マッチングサイトの構築方法6つ


マッチングサイトを構築する方法は、さまざまな手段があります。

下記、マッチングサイトを構築する方法のまとめガイドの図を作りました。
参考になれば幸いです。

【完全保存版】マッチングサイトを構築する際の開発方法まとめ

結論からいうと、低コストでランニング費用もあまりかけたくない場合
パッケージから構築するセミカスタマイズ(パッケージ+カスタマイズ)がおすすめとなります。

下記、それぞれの特徴を見ていきましょう。

フルスクラッチ開発

【フルスクラッチ開発のポイント】
・大手向きの開発方法
・費用が高額になりやすく長期化しやすいためおすすめではない
・開発期間が長期化し、ビジネス機会が損失される

どちらかというと大手向きの開発方法です。
要件フィットしたパッケージがない場合は、フルスクラッチで構築することが多いですがいまではマッチングサイト構築の現場では主流ではありません。
しかし、パッケージとカスタマイズ(スクラッチ)を合わせることはよくあります。

メリット デメリット
・ 独自機能を開発することができる
・ 開発の自由度が高い
・ 開発費用が高い
・ 工期が長くなる傾向にある
構築費用 800万円〜
開発期間 12ヶ月〜
保守/ランニング 10万円〜/月額

Saasサービスから構築

【Saasサービスから構築した場合のポイント】
・個人〜中小企業向けの開発方法
・低コストでテストしたい場合におすすめ
・ランニングコストが数万円からかかるため、長期的な運用には向かない

個人〜中小企業向けの開発方法です。
テストで一度やってみたいなどの場合はおすすめですが、長期的な運用には向きません。
また、サービス利用者のユーザー会員が多くなった場合、サーバー費用の負担などの名目で追加でプラン以上の費用を支払わなければならないこともあります。

メリット デメリット
・ 独自機能を開発することができる
・ 開発の自由度が高い
・ 開発の自由度が低い
・ サービス元に開発を依存しないといけない
構築費用 300万円〜
開発期間 3ヶ月〜
保守/ランニング 10-50万円〜/月額

パッケージ+カスタマイズ(セミカスタマイズ)おすすめ!!

【セミカスタマイズから構築した場合のポイント】
・中小企業〜大企業向けの開発方法
・今日の開発現場でもっともよく選ばれる方法
・最も費用対効果が高い開発方法、

6つの開発方法の中で一番おすすめの開発方法になります。
中小企業〜大手企業向けの開発方法で、今日の現場では定番のおすすめ開発方法です。
ある程度まで要件フィットしたパッケージをつかって、独自の機能などは追加カスタマイズで補うイメージです。
要件決めがしんどいので、仕様に関して、あとで言った言わないになりやすく事前に仕様詰めをしっかりとしなければならないです。

メリット デメリット
・ 開発期間とコストを削減できる
・ 独自機能を追加できる
・ 改修や修正に費用が都度かかる
・ 初期費用がかかる
構築費用 120-300万円〜
開発期間 3ヶ月〜
保守/ランニング 大衆レンタルサーバーの場合 3,000円〜
AWSの場合は、3-5万円〜(サービス規模による)

パッケージのみ(カスタマイズなし)

【ノンカスタマイズから構築した場合のポイント】
・個人〜中小企業向けの開発方法
・費用が安く、デモサイト通りが納品されるので安心
・エンジニアがいる場合はカスタマイズの開発費をカットできる

個人〜中小企業向けの開発方法です。
Saasサービスに毎月お金を払うのも勿体無い、でもランニングコストは抑えたいという場合は、この方法に落ち着く場合が多いです。
費用や納期をおさえれるのが最大のメリットになり、カスタマイズを自社でできるのであればベストです。
追加カスタマイズが自社では実装できない場合は、セミカスタマイズを選択したほうが無難です。

メリット デメリット
・ 開発期間とコストを削減できる
・ エンジニアがいる場合は開発費用がカットできる
・ デモサイト通りが納品される
・ 独自のリソースがない場合、セミカスタマイズと同じく改修費用が都度かかるが
自社にエンジニアがいる場合は内製化できるので費用対効果がのぞめる
構築費用 100万円〜
開発期間 1ヶ月〜
保守/ランニング 大衆レンタルサーバーの場合 3,000円〜
AWSの場合は、3-5万円〜(サービス規模による)

WordPressから構築

【WordPressから構築した場合のポイント】
・個人向けの開発方法
・費用が安いが、大衆向けフリーCMSのためセキュリティ脆弱が懸念される
・アップデート毎に改修費用がかかる場合がある
・パッケージへのリプレイスは困難

個人向けの開発方法です。
特に注意したいのは、WordPressで作られたシステムから、パッケージシステムへリプレイスしたいという問い合わせがたまにありますが、多くのケースでうまくいく可能性は低いです。
というのも、WordPressですでに作り込まれている場合、それらを再度リプレイスするときに費用がかかりすぎるからです。
結局、WordPressで作られたサービスはどこかの段階できりかえに大きな出費が発生せざるを得ないので、パッケージかWordPressでいくかは最初の段階で方針を決めておく必要があります。

メリット デメリット
・ 費用が安い
・ プラグインを使って納期を早めれる
・ セキュリティ脆弱がある
・ アップデート毎に改修費用がかかる場合がある
・ パッケージへのリプレイスは困難(高コストの場合が多い)
構築費用 100万円〜
開発期間 3ヶ月〜
保守/ランニング 大衆レンタルサーバーの場合 3,000円〜

アジャイル開発

【アジャイル開発から構築した場合のポイント】
・ 仕様や要件があまりきっちり決まっていなくてもいい
・ 完成後の修正も柔軟な対応ができる
・ 完成が見えないことが多く、毎月高額な人月がかかる
・ 途中で解約したとしても、費用による問題でプロジェクトが頓挫しやすい

大手企業向けの開発方法です。
SES(エンジニアリング)で、人月を使って開発する手法です。
主に、下記のどちらかで開発を進める場合が多いです。

・ フルスクラッチ開発
・ セミカスタマイズ

仕様が決まっていない場合に適していますが、通常要件定義から人員をアサインして料金が発生するので、ロングスパンでみると高コストになりがちです。
よくあるアジャイル開発の流れは、仕様決めに時間がかかり想定外の支出が出たケース、完成後の微調整に時間がかかりプロジェクトが頓挫したケースがかなり多く報告されています。
ある程度の試算をおこなって見積もりできるという派遣会社もありますが、あくまで目安なので予算に余裕がない場合はアジャイル開発以外を検討しましょう。

メリット デメリット
・ 要件が漏れていても安心
・ ローンチ後の修正などがしやすい
・ 開発方針を変えやすい
・ 開発費用が高い
→ 完成が見えないことが多く毎月高額な人月がかかる
・ プロジェクトが頓挫しやすい
構築費用 1,100万円〜
開発期間 6ヶ月〜
保守/ランニング 大衆レンタルサーバーの場合 3,000円〜

マッチングサイトのランニングコスト

マッチングサイトを運営する際には、ランニングコストを見積もり依頼することも重要です。
この記事では、マッチングサイト運営に関連する主要なランニングコストとその相場を紹介し、運営に役立つポイントを解説します。

マッチングサイトの維持にかかる費用は、ミニマム1ヶ月で3〜10万円ほどになります。
一般的におおまかに3つの項目がランニングコストとしてかかってきます。

・サーバー費用
・ドメイン費用
・月額保守費用(パッケージ提供会社の場合任意のところもあり、Saas型は必須)

また、パッケージで構築 < 月額プラン型のSaasサービス のように費用はパッケージで構築した場合の方が安いことが多いです。
パッケージは設置先がレンタルサーバーなどへ設置できる分、エックスサーバーなどへ設置した時、月額1000円程での運用が可能です。
マレント社製パッケージもエックスサーバーへの設置が可能です。

性能はサーバーによりますが、エックスサーバーの場合、会員登録数5000人までのサービスで運用されている実績があるので、AWSへの移行する目安としては5000人あたりまでの成長段階で検討してもいいかもしれません。

項目 費用相場 備考
ドメイン費用 〜5,000円/年間程度 TLDやドメイン取得業者によって異なる
サーバー費用 月額3,000円程度 サーバー容量や性能によって異なる
AWS利用時 月額5〜10万円程度 サービス規模に応じてAWS利用時、料金プランによって異なる
SSL証明書費用 年間〜2万円程度 エックスサーバー等のレンタルサーバーでは0円SSLもあり、証明書タイプによって異なる
メール送信サービス費用 月額〜1万円程度 サービス規模に応じてSendGrid等の利用を想定、送信メール数やプランによって異なる
保守・運用費用 月額10〜50万円程度 開発やデザインの変更時には追加費用が発生することもあり、サイト規模や運営体制によって異なる

マッチングサイトを構築したときの納期は?


マッチングサイトは、一般的にパッケージ版で構築することが多く、パッケージで構築した場合の納期は3ヶ月目処となることが多いです。
納期はプロジェクトの規模や要件、開発チームの経験によって大きく異なりますが、ほかの開発方法別にまとめると一般的な目安は以下のようになります。

開発方法 開発期間 開発期間
フルスクラッチ開発 12ヶ月〜 スクラッチ開発ではすべての機能を一から独自開発するため、納期は最も長くかかります。
Saasサービスを利用 3ヶ月〜 セミカスタマイズと同じ開発期間になることをみておきましょう
パッケージ+カスタマイズ
(セミカスタマイズ)
3ヶ月〜 既製パッケージを利用するため、開発時間を大幅に短縮できます。
カスタマイズが大掛かりな場合、納期が延びることがあります。
パッケージのみ
(カスタマイズなし)
1ヶ月〜 6つの開発方法の中では一番納期が短いと言えます。
自社でカスタマイズをする場合は、その期間に左右されます。
WordPressから構築 3ヶ月〜 プラグインやテーマが豊富にあるため、開発時間を短縮できます。
ただし、アップデートなどにより想定外の開発が出てくる可能性はあります。
アジャイル開発
(月額受託開発)
6ヶ月〜 要件が変更されても対応しやすいです。
それ故に、全体の納期が延びることがあります。

これらはあくまで一般的な目安であり、実際の納期はプロジェクトの詳細によって異なります。

【関連記事】最重要!マッチングサイト開発で失敗しないためのポイント6つ


今すぐ、サイト構築についてご相談したい方は下記をクリック /

Mallento 編集部

Mallento 編集部

CtoCマッチングサイトや動画配信、大規模サイト、大手企業などのサービス開発経験を大阪を拠点に、滋賀、東京で約40名体制で開発を行なっております。カスタマイズ経験豊富ですので他社の請負から難しい案件までご依頼お待ちしております。

こちらの記事もよくみられています

新着ブログ 他の方が閲覧中の記事
  1. シェアリングマッチングサイトのレンタル機能部分のカスタマイズを実装しました

  2. IT導入補助金2024『IT導入支援事業者』採択のお知らせ

  3. カレンダー形式で予約機能!オフィスやイベント用品のレンタルシェアリングマッチングサイト構築事例

  4. 出品フォームの項目追加や増減などでのカスタマイズを豊富に実装しました

  5. 投げ銭でも活用!オンラインイベントや、リアルでのファンとアーティストを繋ぐマッチングサイト構築事例

  6. お酒のプロにすべてを丸投げできる新サービス! 飲食店オーナーとお酒のプロのビジネスマッチングサイト構築事例

  7. 海外経験豊富な人材コンサルタントと企業をつなぐビジネスマッチングサービス

  1. SAML認証を使用したシングルサインオン(SSO)機能を導入しました

  2. 【2024年版】SEOに有効なPING送信先リスト一覧

  3. マッチングサイト構築の得意なホームページ制作会社に選ばれました!

  4. ゲーム機器特化型フリマサイトとしてfurimo Premium(フリモプレミアム)をご導入いただきました

  5. 【2024年最新】プロ厳選!おすすめ動画販売プラットフォーム10選

  6. アーティストに特化したアート作品専門フリマサイトを構築しました

  7. 担当者必見!マッチングサイトや新規サービス、新規事業で失敗しないための方法

TOP